保険の概念が変わりつつある|ホッと安心保険加入で快適生活

Insurance

増えた理由

保険相談が増えた理由

Insurance services

近年保険相談が増えています。かつて、生命保険は、保険外交員が各家に訪問して、その中から契約を採って来るというものでした。大抵、まだ保険に入っていない人はこれから先も入る可能性は低いでしょうし、すでに入っている人は保険外交員が自宅に来たからと言ってわざわざ保険会社を変えることはしないでしょう。つまり、自宅に訪問する保険の勧誘は、まさしく今保険を変えようとしている人ぐらいしか契約に結び付けるのは難しかったのです。 それより以前は保険加入者が少なく、保険の契約も取りやすかったかもしれませんが、不況の現代においては思うようにいかないのです。 そこで新しい試みとして保険ショップによる保険相談が急増してきたのです。

自分から足を運んだほうが成約率は高い

保険相談は、今までのように勧誘員が自宅を訪れたり、電話セールスをするのではなく、顧客の方から保険ショップに訪れる形をとります。そこで保険の見直しや保険相談をおこなうのですが、そのやり方には疑問があった人も多かった様です。なぜなら、今まで勧誘をすることで保険契約に結び付けたのに、果たして顧客の方から来てくれる可能性のほうが少ないのではないかと思われていたからです。 しかしながら、顧客が保険ショップに足を運ぶことが増え、ふたを開けてみると大盛況でした。保険ショップに訪れた顧客のうち約6割は実際に保険の見直しを行ったということです。 相手から勧められて加入するよりも自分の意思で顧客を動かしたほうが契約はラクに取れるという制度なのです。